当サイトは愛知県豊田市にて、2016年より制作準備、2017年3~4月に撮影された
「星めぐりの町」を地元で応援するサイトです。
作品情報や上映映画館の情報は「星めぐりの町」公式サイトをご覧ください
「星めぐりの町」公式サイトはこちら

2018年8月3日(金)「星めぐりの町」DVDリリース決定!
「星めぐりの町」のDVD発売が決定しました!2018年8月3日発売です。
ただいまamazonほか、DVD店等でも予約受付中です。
amazonでの購入はこちらから 現在送料無料定価の24%引きで受付中!お買い得です!

「星めぐりの町」DVD
2018年8月3日(金)発売 DVD MDP-10395
価格(定価)3,800円+税
【仕様】2017年/日本/カラー/本編108分+特典(劇場予告)/16:9ビスタサイズ/片面1層/音声:オリジナル5.1CH(日本語)/日本語字幕/1枚組
※仕様は変更となる場合はあります。
※協賛者・企業様に、郵送、FAX、メールにてDVDリリースのご案内をいたしました。

全国の映画館でまだまだ上映中!豊田KiTARAイオンシネマでは2018年12月まで公開延長!
1月に全国公開された「星めぐりの町」ですが、まだまだ全国各地の映画館で上映中です。
全国の上映映画館情報はこちら
地元豊田、豊田市駅前の豊田KiTARAイオンシネマでは、2018年12月まで上映の予定です!まだ鑑賞されてない方、もう1度見たい方、協賛前売券が手元にある方、どうぞご鑑賞ください!
豊田KiTARAイオンシネマサイト

「星めぐりの町」映画感想文コンクール表彰者が決定しました
映画「星めぐりの町」を実現する会が実施した「星めぐりの町」の映画感想文コンクールの表彰者を発表します。
黒土三男監督賞(小学校低学年の部) 大原千依 さん
黒土三男監督賞(小学校中学年の部) 内藤 愛 さん
黒土三男監督賞(小学校高学年の部) 福田 結 さん
黒土三男監督賞(中学生の部) 福田 咲 さん
小林稔侍賞(小学校低学年の部) 畑 和希 さん
小林稔侍賞(小学校中学年の部) 福田 陽 さん
小林稔侍賞(小学校高学年の部) 村松沙恵 さん
小林稔侍賞(中学生の部) 堺 達輝 さん
市長賞 大原康士朗 さん
教育委員会賞 永田雄飛 さん

表彰者には、賞状のほかに、以下の副賞が贈られます。
・サイン入り劇場用パンフレット ・イオンシネマ無料鑑賞券 2枚
・赤とんぼ米300グラム 2袋 ・WELOVEとよた缶バッジ 1個

映画「星めぐりの町」の映画感想文コンクールは、小中学生を対象に、同映画を観ることで豊田市の魅力を再確認してもらい、子どもたちの地域への愛着を醸成するとともに、文章に表現することを通じて、豊かな人間性や考える力を育むことを目的に、平成30年2月9日から3月31日までの期間で募集しました。

過去のトピックスはこちら

映画監督・脚本家の黒土三男さんは、縁あって現在豊田市に在住されています。「黒土三男監督に、豊田市を舞台にした映画を撮って欲しい」そんな想いを元に、豊田市民有志による映画「星めぐりの町」を実現する会は設立されました。
映画「星めぐりの町」は、2017年3~4月の豊田市での撮影を終え、2017年11月の豊田市先行上映、2018年1月末のより全国公開されました。
私たちは、映画「星めぐりの町」を応援しています。

映画づくりは、まちづくり

映画制作には、たくさんの人が関わり、たくさんの人の協力が必要です。
多くのキャスト・スタッフをはじめ、撮影お手伝い、エキストラ、ロケ地関係者 (「星めぐりの町」は豊田市内の実際の場所で撮影されます)、キャスト・スタッフの食事や宿泊のお世話―――
映画を作ると、たくさんの人の出会いと繋がりが生まれます。
映画が誕生して100年余、映画は、最も庶民的な芸術であり娯楽であり続けています。
「自分の住む街が大きなスクリーンに映し出されて、自分の知っている場所でストーリーが紡ぎ出されたら・・・」
と考えるだけでワクワクします。
豊田でこれだけの規模の映画撮影が行われるのは初めてのこと。
2017年秋には豊田市駅前にシネコン(複合型映画館)もオープンします。
映画が全国公開されれば、多くの人が豊田の撮影場所を見学に訪れるでしょう。
そう、映画作りは、まちづくり。豊田市がこの映画をきっかけに
豊かな自然と文化を持った映画のまちになることを願っています。

「ものづくりの魂」と「こころの復興」を描く映画「星めぐりの町」

監督・脚本/黒土三男 出演/小林稔侍 高島礼子 壇蜜 ほか
豊田の山あいで豆腐屋を営む初老の男・島田勇作。
勇作の作る豆腐はそんじょそこらの手作り豆腐とは月とすっぽん、味が違う。
そこにはものづくりの魂があった。
そんな勇作の元に東日本大震災で家族を失った一人の少年が引っ越してくる。
遠い親戚の勇作を頼ってきたのだ。
大きな悲劇の後で固く心を閉ざした少年と、無口で実直な男の暮らしがはじまる。
豊田の自然と街並みの中で繰り広げられる、「ものづくりの魂」と「こころの復興」を描く感動の物語。

黒土三男監督より

2011年3月、東日本大震災が起こりました。
千葉県浦安市にあった自宅は半壊し、私は姉や兄を頼って豊田市に移り住みました。
豊田市に来たのは初めてではありません。40年も前からしょっちゅう遊びに来ていました。
だから豊田の町のことはよく知っていました。
「そうだ、豊田の町を舞台にして、映画を作ろう」そう思ったのは、ごく自然なことでした。
この映画に登場するのは、偉い人でも何でもありません。ごく普通の人々です。
企業に勤める人、農業や漁業を営む人、商店街で働く人、米屋さん肉屋さん八百屋さんなどなどです。
映画の舞台となる場所も、町、山、川、田んぼ、会社、工場・・・などごく普通の風景です。
そんな豊田の普通の場所と普通の人々が織りなす感動的な映画にしたいと思っています。
クスクス、ゲラゲラ笑って、けれど次第に涙がぽろぽろ流れ、映画が終わっても席を立てない、いや立ちたくない、そんな映画を作りたいと思っています。

黒土三男監督プロフィール
1947年3月3日生まれ。熊本県出身。
立教大学法学部卒業後、木下恵介プロダクションに助監督として2年間所属。
以後独立してフリーの映画監督、脚本家として活躍。現在豊田市在住。
【監督作品】 「オルゴール」(89年) 「渋滞」(91年) 「英二」(99年)「蝉しぐれ」(05年)
【テレビドラマ脚本作品】 「オレゴンから愛」(84年) 「親子ゲーム」(86年) 「とんぼ」(88年)「愛おしくて」「居酒屋もへじ‐母という字‐」「「ふつうが一番~作家・藤沢周平 父の一言~」(2016年)